注文住宅

30代or40代 マイホーム購入のベストタイミングはいつか

更新日:

スポンサーリンク

何歳までにマイホームを購入すべきか?マイホームを検討している人にとっては悩みの種です。両親や年長者からは「賃貸で家賃を払い続けるのはもったいない、早くマンションを買った方が良いのでは?」と進められるが、雑誌などでは「生涯賃貸の方が良い」と書いてあるし・・・。

購入、賃貸どっちが良いのか、買うなら何歳で買うべきか?について考えてみました。


注文住宅(施工主)ランキング
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

購入は30代後半~40代前半がベスト

国土交通省が発表している、住宅市場動向調査書を参考に、マイホーム購入者の年齢分布を調べてみました。



どうやら購入者の年齢は、30代後半から40代前半に集中しているようです。これは長期ローンを組む際、ほとんどの銀行で年齢制限が80歳であることが影響しているそうです。また住宅購入者の平均年収が400万から600万であること、頭金含めた初期費用を捻出するために必要な貯蓄額などから考えても、ある程度年収がもらえる40歳前後に集中していることが想定できます。また友人や同僚がマイホームを次々に購入していくなど購買意欲が刺激されることも要因の1つだと思われます。

購入or賃貸

両親や年長者は「賃貸で家賃を払い続けるのはもったいない、早くマンションを買った方が良いのでは?」言われるが・・・

一昔前は不動産価格が年々向上していたため、結婚後、まず賃貸で暮らしながら頭金を貯めて、マンションを買い、マンションが値上がりしたタイミングで売りに出し、売却益で一戸建てを買うという住み替えが主流でした。しかし現在は不動産価格の上昇はあまり見込めなく、購入したマンションが値上がりすることも少ないため、売却できたとしても残りのローンを支払ったら終わり、手元に残るお金もわずか、なんてことが少なくありません。つまり、不動産の購入=「終の住み処」となる可能性が昔に比べるとはるかに高いのです。そのため突然の地方転勤や子供の通学の問題など、予期せぬ出来事が起きた場合に対応が難しく購入派の大きな不安要素となっているのです。このような事情もあって、突然のライフプランの変更や家族の事情に合わせて、住居を変えることができる賃貸の方がリスクが少なく、賃貸派のメリットと言われています。

しかし上記のような不測の事態が起こる可能性の低い家族の場合は、購入がおすすめです。賃貸に比べると間取の自由度が高く、同じランクの物件であれば賃貸よりも月々の支払いが安くなるなどメリットも沢山あります。持ち家がある満足感は、購入した人にしか味わえない喜びでもあります。

購入による、デメリットを防ぐためにも、先を見越したライフプラン、無理のない返済計画を建てるとともに家族と過ごす楽しい暮らしのイメージ作りが大切です。そのためにはあらゆる情報を収集し、後悔しないマイホームを購入することが、これまで以上に大切になってきています。

LIFULL HOME'S「住まいの窓口」について

これから家探しを始める方、家づくりで悩んでいる方に、ホームズくんのCMでおなじみ、不動産情報サイト LIFULL HOME'Sが運営する、不動産・住宅情報の総合サービス「住まいの窓口」がとても便利です。 「住まいの窓口」は、家探し・家づくりの悩みを 専属のアドバイザーが無料で解決するサービスで、都内中心に全国で30店舗、渋谷、新宿、池袋、銀座など、アクセスの良い場所にお店を構えています。キッズスペースも併設されているため、子供連れでも安心です。アドバイザーの都合、事前に予約してからの来店がお勧めですが、サイトから簡単に予約できますので、是非お試しください。また、近くに店舗がない方、忙しくてなかなか店舗まで足を運べない方は、電話でも同様のサービスが受けられますので、こちらも合わせてお試しください。相談、アドバイスは勿論のことほとんどのサービス(一部のサービス、ファイナンシャルプランナーなど専門家との打ち合わせは有料)が無料で受けられるため、口コミの評価もとても高く、是非一度試してみたいサービスです。

店舗相談の予約はこちらから
住まいの窓口 LIFULL HOME'S 住まいの窓口

電話相談の予約はこちらから
LIFULL HOME'S 住まいの窓口

一括資料請求はこちらから




注文住宅(施工主)ランキング
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

Follow me!

-注文住宅

Copyright© 30代でマイホーム ~幸せな40代を迎えるために~  , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.