工法

重量鉄骨工法(ラーメン構法)について(マイホームの用語集)

更新日:

スポンサーリンク

【メリット】

  1. 間取りの自由度が高い
  2. 狭い土地や住宅密集地でも施工可能
  3. 耐震性が高い

【デメリット】

  1. 建築コストが高い
  2. 建物が重いため地盤改良が必要
  3. 断熱性が劣る


注文住宅(施工主)ランキング
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

厚さ6mm以上(軽量鉄骨は6mm以下)の鋼材を使い、高層ビルと同じラーメン工法を採用。ラーメン「rahmen」とはドイツ語で「枠」を意味します。柱1本あたりの強度が強いため、柱と梁を一体的に固定し、筋交いを不要とする構造です。柱と梁を強固に接合するため、柱の間隔を広くとることができる。1階すべてをワンフロアの駐車場にしたり、柱のない広い空間を作ることが可能である。柱が太くなる分、壁の厚みも増すことから多少部屋は狭くなるが、防音性が軽量鉄骨に比べると高い。強固な建物のため、耐震性はもちろんのこと屋上の有効利用なども可能で間取りや、暮らし方の自由度が非常に高いことが魅力である。4階・5階建ても可能なため、狭小地や住宅密集地にも適した工法である。しかし軽量鉄骨と異なり、大量生産に不向きなため、建築コストが高いこと、建物の重量が重いため、土地によっては大幅な地盤改良が必要なこと、鉄の熱伝導率の高さから断熱性では他の素材に劣ることなどがデメリットとしてあげられる。

LIFULL HOME'S「住まいの窓口」について

これから家探しを始める方、家づくりで悩んでいる方に、ホームズくんのCMでおなじみ、不動産情報サイト LIFULL HOME'Sが運営する、不動産・住宅情報の総合サービス「住まいの窓口」がとても便利です。 「住まいの窓口」は、家探し・家づくりの悩みを 専属のアドバイザーが無料で解決するサービスで、都内中心に全国で30店舗、渋谷、新宿、池袋、銀座など、アクセスの良い場所にお店を構えています。キッズスペースも併設されているため、子供連れでも安心です。アドバイザーの都合、事前に予約してからの来店がお勧めですが、サイトから簡単に予約できますので、是非お試しください。また、近くに店舗がない方、忙しくてなかなか店舗まで足を運べない方は、電話でも同様のサービスが受けられますので、こちらも合わせてお試しください。相談、アドバイスは勿論のことほとんどのサービス(一部のサービス、ファイナンシャルプランナーなど専門家との打ち合わせは有料)が無料で受けられるため、口コミの評価もとても高く、是非一度試してみたいサービスです。

店舗相談の予約はこちらから
住まいの窓口 LIFULL HOME'S 住まいの窓口

電話相談の予約はこちらから
LIFULL HOME'S 住まいの窓口

一括資料請求はこちらから




注文住宅(施工主)ランキング
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

Follow me!

-工法
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 30代でマイホーム ~幸せな40代を迎えるために~  , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.