キッチン

カラフェのある暮らし 

更新日:


北欧ランキング
秋から冬へ季節の移り変わりとともに空気も乾燥してきました。風邪の予防や、エアコンによる喉の不調を防止するためにも、こまめな水分補給が大切です。大切な水分補給ですが、みなさん何で水やお茶を入れていますか?ウォーターサーバー派の人も増えてきているとは思いますが、ほとんどの方はペットボトル派ではないでしょうか。毎日の水分補給をペットボトルから「カラフェ」や「ウォーターサーバー」に変えることで、毎日の食事や日常の水分補給がちょっと楽しくなります。ぜひカラフェのある暮らしをお楽しみください。

スポンサーリンク

ステンレスのカラフェ

 


ステンレスはカラフェの王道。上質なステンレスのカラフェを使えば、まるでレストランで食事をしているかのような雰囲気に。ホームパーティや記念日の食事の時など、いつもの食事をランクアップさせてくれること間違いなしです。

 

ガラスのカラフェ


ガラスのカラフェは透明感のあるクリアがおすすめです。お気に入りの野菜やフルーツを切ってカラフェに入れ、水を注げば今年流行したデトックスウォーターが簡単に作れまてしまいます。朝食に合わせてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

おすすめのカラフェ


出典:scope

1977年にエリック・マグヌッセンによってデザインされたステルトン社のジャグ(カラフェ)。プラスチックのボディーの中に真空二層構造のガラス製のボトルがあり、10時間で60℃以上、24時間で40℃以上(ピクニックストッパー使用時)の保温・保冷効果があります。蓋はロッカーストッパーとピクニックストッパーの二つがあり、家庭での使用はジャグを傾けるだけで注げる、ロッカーストッパー。保温やジャグをもって移動する場合は気密性を高めるピクニックストッパーとシーンに合わせて選べます。デンマークの家庭では定番のアイテムで、朝ジャグにコーヒーを入れて家族で朝食を楽しむそう。少し残ったコーヒーは家族が会社や学校に出かけた後、洗い物や洗濯の終わったお母さんが楽しむのだそうです。

ウォーターサーバ


ウォーターサーバーを設置すると、小ぶりなものでもダイニング・リビングに占める割合は大きく、できればデザイン性の優れたものを選びたいものです。こちらのウォーターサーバーは奥行きが18cmととてもスマートでシンプルなデザインで今注目を集めているサーバーです。水質も美容と健康をサポートするシリカやバナジウムが豊富な富士山の玄武岩層からとれる天然水を使用するなどこだわっています。詳しくはKiralaのホームページをご覧になってみてください。

スポンサーリンク

まとめ


いかがでしたでしょうか。毎日の食事の時の水やお茶をペットボトルからカラフェに変えることでダイニングシーンがちょっと楽しくなります。カラフェにはガラスやステンレス、プラスチック素材まで様々なものが発売されていますので使いたいシーンにあわせて素材を選ぶなどカラフェのある暮らしをお楽しみください。

 

Follow me!

-キッチン
-, , , , , ,

Copyright© 30代でマイホーム ~幸せな40代を迎えるために~  , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.